枕・カラー・サポーター

手術材料

K-method手術器械

K-method 手術器械

髄核鉗子

★小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

軟部組織や骨を把持する際に使用します。先端部を有鈎にし、横筋を入れることにより把持力をより確実にしています。また、ストッパーが付いているため、把持したものが外れにくくなっています。

お問合せは医療関係者用メールフォームから
受け付けております。